話し方に自信をつける!滑舌上達トレーニング|JTEX 職業訓練法人日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

Web提出受講者専用ページ

JTEXが取り組むSDGsの目標
プライバシーマーク制度
SuperGrace
  • Twitter
  • YouTube JTEXチャンネル
-最新情報をお届けいたします-
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. ビジネススキル
  4. 伝える力
  5. 話し方に自信をつける!滑舌上達トレーニング

講座詳細

【新講座】2021年5月開講

電子ブックあり

話し方に自信をつける!滑舌上達トレーニング

講座コード: A57

受講期間:2ヵ月

レベル:入門 初級 

レポート提出方式:

特別受講料(税込):15,400

一般受講料(税込):17,600

お申込み(個人)

カゴに入れる

お申込み(法人)

講座資料をダウンロードする

こんなコースです


滑舌を見直して、仕事のトークスキルをワンランクアップ!
電話応対、プレゼン、Web会議などにおいて、自信をもって話すための「トレーニング型」実践講座です。
元アナウンサー直伝のトレーニングで、滑舌上達に向け楽しく練習ができます。

ねらいと特色

  • 相手が聞き取りやすい発声法、話し方のポイントをトレーニング形式で学習し、日々の業務に役立てることがねらいです。
  • 話し方が改善されることで相手に伝わる印象を変え、ビジネスシーンにおけるイメージアップを図ります。
  • 声の出し方・息の使い方・母音子音の発音のように細かな要素に分けて、滑舌の上達をねらいます。
  • 滑舌を良くするためのポイントを理論的に押さえ、バラエティ豊かなフレーズで楽しく練習できます。
  • さまざまな仕事の場面で、それぞれの滑舌におけるポイントを押さえています。
  • 単語・短文・フレーズの順で、短いものから段階を踏んで練習します。
  • 日常から電話応対・営業活動まで、さまざまなシチュエーションでのポイントを解説しています。
    (例)まあ!この真綿は私の真新しい真綿だわ!!
       ☞ マをはっきり発音しながら、アとワの区別もつけて、言葉に出してみる。
  • Web動画は、テキストだけでは伝わりづらい姿勢や表情・腹式呼吸のポイント、母音子音の発音など、楽しみながら視聴できる内容です。

教材構成

  • テキスト:1冊
  • レポート回数:2回(Web提出可)
  • 付録:「動画で見る滑舌の良い話し方(48分)」(Web動画教材)
  • ◆Web動画教材 視聴推奨環境◆
  • 【Windows】Internet Explorer8以降、Edge、Firefox、Chrome
  • 【Mac OS】Safari、Firefox、Chrome
  • 【タブレット】iPad、Androidタブレット、Windowsタブレット
  • 【スマートフォン】iPhone5以降、Android4.4以降
  • 【その他】iPod Touch、フィーチャーフォン(機種により制限あり)

主な項目

No. 主 な 項 目
1
序章 滑舌上達トレーニングを始める前に
滑舌はコミュニケーションの土台
悪い滑舌のデメリット
良い滑舌のメリット


1章 滑舌上達のための心構えと身体づくり
滑舌上達のための心構え
発声の仕組み
姿勢・視線・表情のポイント
呼吸のポイント―腹式呼吸
口の開け方のポイント―顎と首のストレッチ
舌のトレーニング・リラックス

2章 母音・子音のトレーニング
母音(アイウエオ)
子音を含む音の基本
拗音(小さいャュョ)
促音(小さい「ッ」)・長音(ー)・撥音(ン)

3章 単語トレーニング
単語の発音は正確に
単語の発音のポイント
単語トレーニング


4章 フレーズトレーニング(初級・中級・上級)
フレーズの発音のポイント
短いフレーズのトレーニング(初級)
長いフレーズで特に気をつけること
難しいフレーズのトレーニングの前に
2
5章 滑舌の良い話し方①―話すことばを考える
一文の長さを短くする
ことばのまとまりを意識する
伝えたいことばを際立たせる
自然なイントネーションとなるように
語尾の最後まで丁寧に


6章 滑舌の良い話し方②―伝える相手を意識する
相手に伝えるための3つのポイント
会話はキャッチボールのイメージで
あいさつはコミュニケーションの入り口
適切に相づちを挟む


7章 仕事の場面で滑舌を活かす
計画性を持って声出し練習をする
電話対応での滑舌と話し方
報告での滑舌と話し方―3分以内にまとめる
プレゼンでの滑舌と話し方
会議やミーティングでの滑舌と話し方

終章 滑舌上達トレーニングに加えて
伝えたいことを声に出すまでをスムーズに
会話の引き出しを多く持つ
時間を意識して話す
声が届きにくい場合のポイント

お申し込みはこちら