ものづくり現場の身近なIoT超入門|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace

講座詳細

【新講座】2018年10月開講予定

ものづくり現場の身近なIoT超入門

講座コード: S52

受講期間:2ヵ月

レベル:入門 

レポート提出方式:

団体受講料(税込):16,200

個人受講料(税込):18,360

こんなコースです

身の周りの機器類を使った「見える化」の検討から、IoT の考え方を学ぶ
  • IoT(Internet of Things)、AI、第4 次産業革命などの言葉が毎日のように報道されているが、ものづくり現場で実際にどのように活用していくのか、どのような変革があり、どのようなリスクがあるのか、現場ではまだまだ見えにくい状況です。
  • 本社工場間のIoTなどの大きなものではなく、現場にある自動化システムや身近な機器類から情報を収集し、稼働状況・不具合状況を見える化することで、各種判断が迅速・正確になり、稼働率が向上することを具体的に学んでいきます。

講座の特色

  • 自動化システムの稼働状況をどのように見える化するのかを具体的に学びます。身近な自動化システムの見える化を検討することで、ものづくり現場のIoTとは何か、どのように情報を整理するのか、ポイントは何かを学びます。
  • IoT 時代に知っておかなければならない身近なセキュリティを学びます。

教材構成

  • テキスト2冊
  •  主テキスト「ものづくり現場の身近なIoT超入門」
  •  副テキスト「IoT技術テキスト基礎編」
  • レポート回数:2回
  • ◆初回提出時にマークシートかWeb提出のどちらかをお選びください。

主な項目

No. 主な項目
1

2
第1章 IoTとは
  • ものづくり現場とIoT
  • IoTの位置づけ
第2章 工場現場のIoT(身近なIoTを考える)
  • 自動化の現場で求められるもの
  • 設備保全・生産性向上の見える化
  • IoT情報の収集と保存・分析
  • 運転状況・異常状況、生産管理の見える化
  • 生産進捗管理
第3章 IoTとセキュリティ
  • 広域ネットワークの問題点
  • 通信速度問題
  • インターネット回線からの通信内容傍受・抜き取りの問題


「IoT技術テキスト基礎編 」
  • 1章 IoTの概要を知る
  • 2章 IoTデバイスを理解する
  • 3章 IoTにおける通信方式を知る
  • 4章 モバイル環境とその活用を知る
  • 5章 IoTでデータを活用する
  • 6章 プロトタイピングを知る
  • 7章 情報セキュリティを知る
  • 8章 IoTのエコシステムを知る

※ 内容は、一部変更される可能性があります。