ロジカルに書く技術・伝える技術|JTEX 職業訓練法人日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

Web提出受講者専用ページ

JTEXが取り組むSDGsの目標
プライバシーマーク制度
SuperGrace
  • Twitter
  • YouTube JTEXチャンネル
-最新情報をお届けいたします-
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. ビジネス教養
  4. 文書作成
  5. ロジカルに書く技術・伝える技術

講座詳細

【新講座】2021年1月開講

ロジカルに書く技術・伝える技術

講座コード: A56

受講期間:2ヵ月

レベル:入門 初級 

レポート提出方式:

特別受講料(税込):16,500

一般受講料(税込):18,700

お申込み(個人)

カゴに入れる

お申込み(法人)

講座資料をダウンロードする

こんなコースです

受け手を意識した書き方・伝え方を学ぼう
「LINEやチャットはすらすら書けるのに、ビジネスメールだと書き出しから戸惑ってしまう……。」
そんな経験はないでしょうか。ビジネスパーソンにとって「書く技術・伝える技術」は重要なスキルの一つです。これを身につければ、仕事が今までより格段にはかどるなど学んだ成果を実感できるはずです。

ねらいと特色

  • 論理的かつスピーディーに、仕事で役立つ「書く技術」を身につけます。
  • ビジネスシーン別に、受け手を意識した「伝える技術」をマスターします。
  • SNSツールをビジネスに応用する際の書き分け方を学びます。
  • テキストに登場するキャラクターに自分を当てはめ、うまく書けない原因を一つずつ解消しながら学べます。
  • 各単元にある「学習理解度チェック」を活用することで、理解を積み重ねながら学習できます。
  • 書き込み式のトレーニングブックで、実践的に書く力を養成します。

教材構成

  • テキスト:1冊+トレーニングブック1冊
  • レポート回数:2回

主な項目

No. 主 な 項 目
1
序章 「ロジカルに書く技術・伝える技術」が求められる理由
「書く技術」は、ビジネスパーソンにとって必須のスキル?
「伝える技術」は、ビジネスシーンで役立つ重要なスキル?

1章 「ロジカルに書く技術」を身につけよう
STUDY1 書くことが苦手な人は大きく2つのタイプに分けられる
STUDY2 そもそも情報のインプットが不足している「東くんタイプ」
STUDY3 情報の整理が苦手で文章の枠組みが作れない「西さんタイプ」
STUDY4 文章は書けるが細部の見直しができていない「南くんタイプ」
STUDY5 形式的な文章は書けるが生きた文章が書けない「北さんタイプ」
自己診断 あなたが当てはまるのはどのタイプ?
STUDY6 【東くんタイプの苦手克服法】その1…「メモ力」の磨き方
STUDY7 【東くんタイプの苦手克服法】その2…「思考力」の磨き方
STUDY8 【西さんタイプの苦手克服法】その1…情報の「取捨選択力」の磨き方
STUDY9 【西さんタイプの苦手克服法】その2…情報の「整理力」の磨き方
STUDY10 【南くんタイプの苦手克服法】その1…「主張力」の磨き方
STUDY11 【南くんタイプの苦手克服法】その2…「説明力」の磨き方
STUDY12 【北さんタイプの苦手克服法】その1…「イメージ力」の磨き方
STUDY13 【北さんタイプの苦手克服法】その2…「語彙力」の磨き方

2章 ロジカルに書くための9ステップ
introduction 手順を踏んでロジカルに書こう
STEP1 伝えたいメッセージは何か
STEP2 関係のある情報を集める
STEP3 情報を取捨選択する
STEP4 選んだ情報で「中心メッセージ」を補足する
STEP5 書いた文章を文書の枠組みに当てはめる
STEP6 文の並びがそれでよいか読み返す
STEP7 ダラダラ、モレ、ダブりを解消する
STEP8 読み手が受ける印象を考えながら読み返す
STEP9 書き間違いがないかチェックする
2
3章 「ロジカルに伝える技術」を身につけよう
introduction ロジカルな文章とは
SCENE1 ビジネスメールの基本形式
SCENE2 メールで「提案・依頼」の意思を伝える
SCENE3 メールで「問い合わせ」をする
SCENE4 メールで「回答・説明」を伝える
SCENE5 メールで「紹介・推薦」の意思を伝える
SCENE6 メールで「指示・評価」を伝える

4章 ロジカルテクニックを応用しよう
introduction ロジカルテクニックをビジネスシーンで活かそう
SCENE1 ロジカルテクニックを活かして聴き手に響くプレゼンをしよう
SCENE2 ロジカルテクニックは議論や交渉でも役立つ
SCENE3 言葉の力を活用しよう

お申し込みはこちら