電験三種受験講座+模擬テスト【総合:4科目】|JTEX 職業訓練法人日本技能教育開発センター

JTEXが取り組むSDGsの目標
プライバシーマーク制度
SuperGrace
  • Twitter
  • YouTube JTEXチャンネル
-最新情報をお届けいたします-
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. 資格取得準備講座
  4. 電験(電気主任技術者)
  5. 電験三種受験講座+模擬テスト【総合:4科目】

講座詳細

電験三種講座の特徴はこちら

電験三種受験講座+模擬テスト【総合:4科目】

講座コード: L30B

受講期間:6ヵ月

レベル:中級 上級 

レポート提出方式: 記述式 記述式

特別受講料(税込):37,400

一般受講料(税込):39,600

お申込み(個人)

カゴに入れる

お申込み(法人)

講座資料をダウンロードする

電験三種資格取得に向けて

電験三種は国家資格の中でも難しい試験の一つですが、合格者は電気設備の保安監督のプロとして社会的に高い評価を得て、電気技術者としての活躍の場も大きく広がります。 また、資格取得は転職活動や就職活動にも有利に働くこと請け合いです。 通信教育講座で学習するメリットは、自身の都合に合わせて学習でき、わからないところは質問できることです。テキストをくり返して学習すれば、確実に実力が身につきます。 通信教育のメリットを最大限に活かして学習効率を高め、合格を勝ち取ってください。

こんなコースです


理解しやすい自学自習用テキストと、最新の試験問題・重要用語収録の学習ソフトで、効率よく学習できます。
本講座は「電験三種受験講座」のテキストに加えて、オリジナル模擬テスト、重要用語収録の学習ソフト、前年の過去問題集、電子ブック(過去問題・解答解説)など、JTEXで取り扱う電験講座教材を結集しています。 ※ Web講義を除く
  • 資格・試験ジャンルNo.1の学習ソフト「media5 Premierシリーズ」との併用学習は、最新試験まで網羅した過去問を解くことで学習成果のチェックと、弱点攻略ができるだけでなく、「単語帳」機能で重要用語を最終確認できます。 また、「ゲームモード」などの息抜きと飽きない工夫で、学習を無理なく継続的に進められます。
  • 数年分の[電験三種問題と解答・解説]の電子ブックを閲覧できます。
  • 模擬テスト(最新予想問題)で本番に自信が持てます。

テキストの特色

  • 本講座のテキストは、「本文解説」→「例題」→「章末問題」の3ステップで初心者にもわかりやすいように段階を踏んだ構成です。
  • 解説、効果的なアドバイス、試験場でもあわてないテクニックが満載であるとともに、最新試験の出題傾向を分析し、非常に広い出題範囲をきめ細やかにカバーしています。
  • 重要用語収録の学習ソフト、前年の過去問題集、解答解説が付属しています。
  • 受講期間は6か月・在籍期間は12か月の設定で、レポートの提出回数も6回とバランスよく学んでいただける講座です。

模擬テストの特色

  • 近年の出題傾向を分析し、毎年作成する模擬テストによって、腕試しと学習の総仕上げができます。
  • 各問題には、ていねいな解説が付いています。
  • 「過去問題分析表」によって、ご自身で受験時の試験問題を予想することができます。

    • ※学習ソフトの使用には、インターネットの接続環境が必要です。

    教材構成

    30年の実績による充実の教材であなたの合格を強力に後押しします!
    • テキスト7冊(理論:2冊・電力:2冊・機械:2冊・法規:1冊)
    • 学習をはじめるまえに
    • 電験三種試験/問題と解答・解説
    • 学習ソフト
      「media5 Premier 6 第三種電気主任技術者試験」
    • 過去問題分析資料
    • 模擬テスト
    • 過去問題集(電子ブック)
    • レポート回数:6回(理論:2回・電力:1回・機械:2回・法規:1回)

    主な項目

    No. 主 な 項 目
    1
    電気数学および電気の基礎について学ぶ
    理 論 1
    (1)電気数学・基礎物理   (2)直流回路   (3)電気と磁気   (4)静電気
    2
    交流回路、電子理論および電気・電子計測について学ぶ
    理 論 2
    (5)交流回路   (6)電子現象   (7)電子理論・電子回路   (8)電気計測・電子計測
    3
    発電所・送配電線路の設計および運用について学ぶ
    電 力
    (1)水力発電   (2)火力発電と新エネルギー発電   (3)原子力発電   (4)変電所   (5)送電   (6)配電   (7)電気材料
    4
    電気機器の構造および特性について学ぶ
    機 械 1
    (1)直流機   (2)変圧器   (3)誘導電動機   (4)同期機   (5)パワーエレクトロニクス
    5
    電気応用の構造および情報伝送・処理について学ぶ
    機 械 2
    (6)照明   (7)電熱   (8)電動力応用   (9)電気化学   (10)自動制御   (11)情報伝送・情報処理
    6
    電気法規(保守に関するもの)および電気施設管理について学ぶ
    法 規
    (1)総則・電路の絶縁   (2)接地および接地工事の種類   (3)電気機器・発変電施設   (4)電線路   (5)電気使用場所の施設   (6)電気関係法規   (7)電気施設管理

    お申込みはこちら

    お申込み(個人の方) お申込み(法人の方)
    一般受講料(税込):39,600円 特別受講料(税込):37,400円
    カゴに入れる 申込書ダウンロード

    受講者の声

    テキストが細部まで分かり易かった。

    理解しにくいところを質問券で何度も教えてもらえる点は非常に心強かったです。おかげで2年かけて無事合格できました。初心者にとって「電力」「機械」は難しく感じるのは具体的なイメージができないからだと思うので、イラストなどがもっと多くあれば良いと思いました。特に「機械」のパワーエレクトロニクス分野は「なぜそうなるのか」を理解するのが困難でした。今までありがとうございました。アドバイスはとても励みになりました。

    テキストの内容が充実していました。これだけでもやりがいがあります。

    模範解答がとてもわかりやすかった。

    私、昨年1月に、貴センターの電験三種受験講座+模擬テスト(講座コード: L-30B)の受講申込をさせていただいたT.Sと申します。

    昨日、電気技術者試験センターから、電験三種試験の合格通知をいただきました。有り難う御座いました。

    昨年は、せっかく受講を申し込んだにもかかわらず、仕事が多忙で、なかなか受験勉強に取りかかれず、8月になってから、これは正攻法では、とても間に合わないと思い、慌てて電気書院さんの過去問題集を買い込み、そのうちの過去3年分の問題と、貴センターの模擬テスト問題とを合わせて詰め込み勉強を。
    結果は、やはり甘くなく、それでも運が良かったのか、理論と機械の2科目には奇跡的に合格しました。(法学部出身なので法規だけはと思っていたのが、法規を落としてしまったのがショックでしたが…)

    今年も、なんだかんだとバタバタして、(今年は2科目だけという気の緩みもあって)受験勉強の取りかかりが、結局7月になってしまいました。昨年送っていただいていたテキストを初めて箱から取り出し、勉強させていただきました。
    このテキストの解説、例題、ポイントが良くまとめられていて、私にとっては、非常に分かり易く、このおかげで、今回の合格が得られたものと感謝しています。(電気書院さんの過去問題集は、能力の低い私には、解説が良く理解できない所もありました。)

    結局、せっかくの教材中、模擬テスト問題と電力、法規の2冊のテキストしか使用せず、理論と機械のテキストやレポートも全く出せずに終わりました。昨年から、もっと真面目に教材に取り組んでいれば良かったと悔やまれます。

    今年度の電力と法規の試験問題も私には難しく、試験会場を出たときには、今年もだめだったなと落胆し、また、来年もか…と暗澹たる思いでトボトボと帰路に着き、答え合わせもしていませんでしたので、昨日、試験結果通知が封筒で来たのを見て、もしかして合格?と驚きました。

    念のため、試験問題用紙を取り出してきて、答え合わせをしてみたところ、電力、法規とも70点近く得点できていました。還暦を迎え、記憶力や計算力低下の中、何とか2回で合格できたのは、貴センターのテキストのおかげと大変感謝しております。
    本当に有り難う御座いました。貴センターの益々のご発展をお祈りいたします。

    電気数学の復習から2年がかりで受験準備を進めてきました。あと半年がんばって、一発合格とはいかないまでも合格科目を1つでも多く得られるよう努力したいと思います。

    欄外に「チェック・テクニック」のアドバイスがあるので、非常にわかりやすかったです。

    JTEX電験三種対策講座ラインナップ

    • image
    • image

    4科目を受講する「徹底マスターコース」「総合コース」のほか、科目別合格を目指す方のために「科目別コース」を設けています。また、テーマ別に過去問題を厳選し、重要ポイントを絞ってわかりやすく解説した「科目別Web講義コース」も加わり、豊富なラインナップの中からご自身の勉強方法に合わせてコース選択が可能です。

    お申し込みはこちら