突破! 電験二種合格講座<セミナー4日間>|JTEX 職業訓練法人 日本技能教育開発センター

法人受講のご案内
花マルNet

受講者専用ページ

プライバシーマーク制度
SuperGrace
  1. 全講座一覧
  2. 生涯訓練講座
  3. 資格取得準備講座
  4. 電験受験対策セミナー
  5. 突破! 電験二種合格講座<セミナー4日間>

講座詳細

このコースのWeb受講申込みの期間は
11月中旬〜翌年6月上旬までです。

突破! 電験二種合格講座<セミナー4日間>

講座コード: D88

受講期間:12ヵ月

レベル:上級 

レポート提出方式:

特別受講料(税込):102,600

一般受講料(税込):104,760

お申込み(個人)

お申込み(法人)

会員ログインすると講座資料がダウンロードできます。
ログインはこちら。

レベル

一次試験「理論」取得者を対象

ねらい

通信教育+セミナー集中講義4日間(土日×2回)
  • 前田隆文先生から直接指導を受けられます。
  • 二種合格のポイントは、実は二次試験にあります。
    二次試験は超難関。一次試験から二次を2回受験するまで、たった1年と1か月しか時間がなく、このため、二次試験受験者の3人に1人は、涙をのんで一次試験を再受験しています。
    このため、二種合格のためには、最初から、二次試験を念頭に学習を進めていくことが重要です。一次試験合格はじっくりと3年掛かりでもよいので、その間に、理論を深く理解し、二次突破に向けて応用展開できる力を養いましょう。

セミナーの特長

  • 受験対策テキストを数多く執筆されている前田隆文先生が直接指導いたします。
  • セミナーでは、独学では困難な計算問題を主体に、考え方の道筋を明らかに、公式を自分で応用展開して二次試験を突破できる力を引き出します。
  • セミナーで扱う計算問題は、講師が一次、二次の試験傾向に合わせて選択した過去問題です。
  • 自学自習での質問事項について、直接講師の指導を受けることができます。

通信教育の特長

  • 一次試験の論説問題は通信教育で行います。
  • テキストは、最近の国家試験の出題傾向を分析し、現場の知識を盛り込んで広い出題範囲をきめ細かくカバーしています。

教材構成

  • テキスト5冊(理論、電力、機械、法規、二次試験対策)
  • 付録教材:
    電験第2種模範解答集(発行:電気書院)
  • 通信教育レポート指導:10回

セミナーカリキュラム(2019年度)

会場:東京都区内(予定) 9時〜17時
日程 講義科目 担当講師
2019年6月15日(土) 機械 前田隆文
2019年6月16日(日) 発電と変電 前田隆文
2019年9月28日(土) 機械制御 前田隆文
2019年9月29日(日) 送配電と施設管理 前田隆文

※セミナーの開催中止、または日程等の変更が発生した場合、事前にお知らせ致します。
その際には、何卒ご了承ください。

主な項目

No. 主な項目
1
理論
電気理論、電子理論、電気計測および電子計測を学ぶ
  • 1章 電気磁気理論
  • 2章 電気回路理論
  • 3章 電子理論
  • 4章 電気・電子計測
2
電力
発変電所の設計および運転、送配電線路の設計・運用などを学ぶ
  • 1章 水力発電所
  • 2章 火力および新エネルギー発電
  • 3章 原子力発電所
  • 4章 変電所
  • 5章 送配電線路
3
機械1
回転機、静止機器、保護機器を学ぶ
  • 1章 回転機
  • 2章 静止機器
  • 3章 保護機器
4
機械2
パワーエレクトロニクス、電動力応用、自動制御、電力システムに関する情報伝送・処理などを学ぶ
  • 4章 パワーエレクトロニクス
  • 5章 電力応用
  • 6章 自動制御
  • 7章 情報伝送・処理
5
法規
電気法規および電気施設管理を学ぶ
  • 1章 電気関係法規
  • 2章 電気設備技術基準
  • 3章 電気施設管理
6
二次試験対策問題集
二次試験に向けて多くの問題を解き、実践力を養う
  • 1.電力・管理
  • 2.機械・制御
  • 3.最新技術

受講者の声

テキストがよくできているので、テキストを中心に学習しました。セミナーでは、違った視点からの解き方も学べるので、応用力が鍛えられました。

一流の講師の講義を聴き、独学では進まなかった箇所が解るようになりました。初歩的な質問にも丁寧に答えていただき、大切なポイントを押さえることができました。